変なカメラ好きの写真徒然日記

ただのカメラ好きが適当に写真を載せ続けるブログです。

2019/11/20 阪急を撮る

こんにちは、潔く銀です。

 

朝早く起きるのはとても苦手なので、いつも昼まで寝ていることが多いのですが今日は珍しく朝早く起きることができ、さらに所用を早く済ませることができたので少しだけ撮り鉄をすることにしました。

 

久しぶりにSONY α7IIIを使おうと思っていたのですが、久しぶりに使うとまさかの充電切れになっていたので、PENTAX ist Dsを持ち出して撮影へ行くことにしました。
所有しているデジタル一眼レフの中で一番撮り鉄に不向きなカメラですが、なんとなくリケノンレンズを使用したいと思ったので、50mmと135mmの両方を持ち出して撮影に行くことにしました。

 

f:id:yuseiphotos:20191120132838j:plain

PENTAX ist Ds + XR Rikenon 50mm F2

 

ここ最近、一気に寒くなってしまったせいか綺麗に色づいていた桜の葉が全て落ちてししまっていました。写真左にちょろっと写っているだけで、少し寂しい状態です。手前の木に葉があれば、それなりに絵になったのですが・・・

シャッターラグが激しくて思っている位置とズレるのでカツカツな写真になってしまいました。古いデジタルカメラゆえ連写性能はほぼ無いに等しいのでワンショットで対応するしかありません。ある意味縛りプレイですね(笑)

 

f:id:yuseiphotos:20191120132845j:plain

PENTAX ist Ds + XR Rikenon 50mm F2

 

というわけで、構図を変えました。左の方に紅葉している葉がなければ、奥を写そうということで天気が良いのもあり、余裕を持った構図に変更しました。これがしっくり来たので、立ち位置固定でヘッドマークがついた車両を待ちます。

 

 

 

f:id:yuseiphotos:20191120132852j:plain

PENTAX ist Ds + XR Rikenon 50mm F2

 

床下がめちゃくちゃ綺麗な7021Fがやってきました。全検査明けなのかリニューアル後なのかわかりませんが、変化のある記録ができたのでラッキーでした。全然床下が汚れていないので、正雀から出てきたのは最近かな。

今回使用しているレンズは、和製ズミクロンと言われたレンズでRICOHが作った中で銘レンズと言われています。今回は絞って使用していますので、あまり参考にならないかもですが解像感はかなり感じられます。今回の撮影ではF4固定で挑んでいました。

 

f:id:yuseiphotos:20191120132900j:plain

PENTAX ist Ds + XR Rikenon 50mm F2

 

で、最後にHM付きがやって来てくれました。もみじのHMを期待していたのですが、付いていたのは阪急三番街の50周年記念のものでした。まだ、記録していなかったので記録できてよかったかなと思います。

ほんの少しの時間ですが撮影してみて、7000系が来る割合が本当に増えたなと感じます。また、ほとんどリニューアル車になったので顔が統一されてきました。7000系が来るたびに、なんだかガッカリしていまったり(笑)

 

ただ、今はもみじHMを撮影したいのでもう一度くらい撮影に行きたいなと思っています。次は、PENTAX ist DsじゃなくてSONY α7IIIでしっかりと記録ですね。

 

 

それでは!

2019/11/18 雑記

こんにちは、潔く銀です。

 
今回の記事は、ネタがないので思いついたことをつらつらと書いてきます。

 

最近は、あまり写真を撮影しに行く機会がなくネタが尽きている状況です。そこで、二つほど過去に愛用していたフィルムを記事にしてみました。フィルムレビューの記事は、かなり人気でたくさん見てもらうことができ嬉しかったです。
特にFUJICOLOR C200の記事は注目を浴びたみたいでトップページよりアクセスされていました。また、しっかり読んでもらったみたいでページ閲覧時間もかなり長かったです。久しぶりにちゃんと書いて良かったなと思います。

もし、興味がある方は以下のレビューから見てみてください。

 

www.yuseiphotos.work

 

 


そろそろ修士論文に力を入れないといけないので、研究室に毎日行くようになりました。少し前までは行かない日がちょこちょことあったのですが、手を抜いても後が苦しくなるので今は力を入れているところです。本当のところは、紅葉の撮影に行きたいのですが、あまり良いシチュエーションが思いついていないのと融通が効かない毎日を送っているので、今年は諦めています。本格的な撮影は来年からになるかな・・・
去年の紅葉は、時期が違いますが北海道の撮影で満足することができたのでいい年でした。いい写真を撮ろうと思うと隙間時間ではなく、がっつり時間をかけてロケハンすることに限りますね。社会人になったらどれくらい撮影することができるかな・・・

というわけで、去年に撮影した石北本線のDF200の貨物を載せておきます。友人3人と0泊4日で色々なところを駆け巡りながら北海道を旅したのはいい思い出です。

 

f:id:yuseiphotos:20191118205721j:plain

SONY α7III + 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

 
まぁ、撮影に行けない日々が続いていますが、その分デスクに向かっている時間が長いので研究を進めたり、ハマっているDead by Daylightをしています。ゲームの方は、写真に関連しないので違うところに書いておこうと思い別のブログを立ち上げました。写真以外の趣味はそちらに書いておこうかなと・・・ゲームの内容に興味のある方は以下のリンクからどうぞ!

 

yusei-roadstar.hatenablog.com

 

こっちのブログは写真というジャンルで統一したいので、もう一つの方は写真以外の趣味を書いていこうと思っています。最近、後輩の指導をしていてプログラムのソースコードとか残しておくと需要あるかもしれないとか、持っている知識を失うのはもったいないなということで、もう一つの方ではそういうのを残すようのブログになっています。気が向いたら買おうと思うので、更新率は低くなりそうです(笑)


というわけで、そんな感じで色々と最近していますが、そろそろカメラを持って出かけたいと思います(笑)

 

最後に、DbDの進捗動画もどうぞ!(笑)

 

 

 

KODAK GOLD200をレビューする

こんにちは、潔く銀です。

 

今回は、KODAK GOLD200についてレビューをしようと思います。前回は、大学生時代に使用したFUJICOLOR C200について書きました。今回紹介するフィルムは、高校時代にお世話になった銘柄です。

 

 

  • KODAK GOLD200について
  • 過去に撮影したもの
  • まとめ

 

KODAK GOLD200について

 

KODAK GOLD200は、KODAKの銘柄ではおそらく最安値のフィルムになります。高校時代は、アルバイトしていなかったのでお小遣いでフィルムを買っていました。

24枚撮り300円だったと記憶しています。FUJIFILMの最安値のフィルムよりも50円から100円ほど安かったので、とても重宝しました。高校生だった時は今の相場よりもかなり安かったので、1本あたりの値段がすごく安かったです。高校時代は地元にキ○ムラがあり、山積みされている安いフィルムという印象でした。

 

 

 

今からちょうど3、4年ほど前に市場から見なくなりました。買えるところがあるのかと調べていると、購入することができることを知りました。ヨ○バシやキ○ムラではもうしばらく見ていないので、ネット等で購入するしかないでしょう。最近は、代わりにKODAK COLOR Plus200というフィルムが代替品として出ていますね。

GOLD200がカメラ屋から見かけなくなる頃、店員さんからこのフィルムの仕入れがなくなるよと言われたので、何本か買い溜めをしてデータ化していました。過去にデータ化した分を載せつつ紹介して行こうと思います。

 

過去に撮影したもの

f:id:yuseiphotos:20191116001323j:plain

MINOLTA α807si + AF 28-105mm F3.5-4.5

 

続きを読む

2019/11/09 京都駅近くを歩く

こんにちは、潔く銀です。

 

最近、京都駅付近で用事があったのでまた崇仁地区に行くことがありました。ここ何日かの変化が激しく、業者の出入りもしているという情報を得ていたので様子を見に行くのも兼ねて、遠回りしてわざわざフェンス街まで足を運んでみました。

この日は、アルバイトがあったのでカメラは持っていないなと思っていたのですが、鞄の中を見るとフィルムカメラが入っていました(笑)
中のフィルムは天体撮影の実験とかで使用したVenus800だったので、これは撮れるじゃんということで撮影開始。ただ、枚数に限界があるのでiPhone8と併用で撮影することにしました。

なので、今回の記事に載せる写真はiPhone8で撮影したもののみになっています。

 

f:id:yuseiphotos:20191113120201j:plain

iPhone8
続きを読む

FUJIFILM C200をレビューする

こんにちは、潔く銀です。

 

今回は、大学生時代に愛用していたカラーネガフィルムを紹介しようと思います。
その銘柄は、FUJICOLOR C200というものになります。

最近、カラーネガは少しずつ値段が上がってきており道楽的なものになってしまいました。どうしてもたくさんフィルムで撮影したいけど、お金はあまり使いたくないという方にオススメしたいフィルムです。

 

  • FUJICOLOR C200について
  • 過去に撮影したもの
  • FUJICOLOR C200まとめ

 

 

FUJICOLOR C200について

 今回紹介するフィルムは、FUJIFILM海外向けに輸出しているフィルムになります。つまり日本で売られているのは逆輸入品となります。

感度200のフィルムは種類が少なく、私自身が使用したことあるフィルムとしてはKOD AK GOLD200ぐらいです。なので、今となっては貴重な銘柄になっています。

そして、この製品の特徴としては価格がとても安いこと。現在、販売されている36枚撮りのフィルム1本は800円ほどします。しかし、C200は1本あたりが600円ほどになります。なので、200円ほど安いのでコストパフォーマンスが良いです。

ただ、多くのカメラ屋ではFUJIFILMのISO100の業務用フィルムが置いています。価格はマチマチですが50円から100円ほどC200の方が安い印象です。しかし、注意しないといけないのが、このフィルムは10本セットが基本的です。たまにバラ売りしてくれている店があったりしますけど、10本買うと6000円ほどするので注意が必要です。

 

 

 

過去に撮影したもの

 

というわけで、ここから過去にFUJICOLOR C200を使用して撮影したものを載せていきます。使用したカメラやレンズなど、様々なのでそれも見ながら楽しんでもらえると嬉しいです。

 

f:id:yuseiphotos:20191111120700j:plain

Canon AV-1 + FD 300mm F5.6 S.C

 

続きを読む

2019/11/06 2日連続で猪名川天文台へ行く

こんにちは、潔く銀です。

連日の良好な天気のせいで睡眠不足に陥りました。行く気はなかったのですが、夜空を見ていると行く気力が湧いたので少しだけ眠かったのですが、車を走らせることにしました。連日で行ったのは初めてかもしれません(笑)

この日は、珍しく人がおり派手な車が止まっていました。間違いなくカメラマンではないので、カメラマンは自分だけだなとすぐに悟りました。派手な車の主は自分と同じ年齢くらいか少し下のヤンキー風の兄ちゃんでした。

珍しがられたせいか「兄さん、お仕事かなんかですか?」、「どこから来たんですか?」など興味津々で声をかけてきました。前日に撮影した写真を見せると、「これ頂いて良いですか!!!」と言うので、iPhoneAirDropで転送してあげました。その後、どういう風に使うか分かりませんが思い出になるなら良いでしょう(笑)

あんまり写真をあげるとかしないのですが、山道の途中で煽るつもりはなかったんですけど、距離を詰める形になり道を譲られてしまったので、少しだけ申し訳なさもありあげたという経緯です。

さて、前置きが長くなりましたが撮影の準備をしている間にヤンキー風の兄ちゃんは帰ったので、静かに撮影を開始します。
前日は、とても寒かったのでズボンを2枚履きにして、上は長袖を一枚増やして撮影に挑みました。寒さ対策はバッチリだったんですが、相変わらず風が強いという状況でした。

 

f:id:yuseiphotos:20191108150508j:plain

SONY α7III + EF 17-35mm F2.8L USM
続きを読む

2019/11/05 猪名川天文台へ行く

こんにちは、潔く銀です。

最近、天気が非常によくて星が綺麗に見えている日があったので、久しぶりに天体観測をしに行きました。少し前までニュースで流星群が来ているとやっていたので、極大日前後なら撮影することができるかなと思いカメラを持ち出すことに。

いつ以来の撮影になるのかな・・・本当に久しぶりの猪名川天文台になりました。台風の影響か、道中の木はかなり荒れており道路は少し荒れていました。ただ、元々そこまで綺麗な道路ではないので、落石だけ気をつけながら天文台まで上がりました。

現地に着くと、想像より寒くて驚きました。気温計では8℃だったんですけど、風が強くて体感はもっと低い感じでした。パーカーの上にダウンを着ていましたが、かなり寒いなぁと感じたのでほぼ冬の感覚でした・・・気温が低いとテンションが上がるので、僕的にはすごく嬉しかったですけどね(笑)

 

f:id:yuseiphotos:20191108112333j:plain

SONY α7III + EF 17-35mm F2.8L USM
続きを読む

レンズ紹介 1本目 「EF 35mm F1.4L USM」

 

目次
  • EF 35mm F1.4L USMについて
  • EF 35mm F1.4L USMで撮影した写真
  • 最後に

 

EF 35mm F1.4L USMについて

今回は、EF 35mm F1.4L USMというレンズを紹介していこうと思います。
紹介するレンズは、僕に撮って人生で初めて購入したLレンズになります。多くの人の初めてのLレンズは、EF 24-105mm F4L IS USMが多いと思います。
大学に入り、作品を撮っていく上で普通のレンズだと面白くないと思ったので、癖の強い単焦点Lレンズが欲しいと思ったのが購入経緯です。

 

レンズの構成は、非球面レンズ1枚を使用した9群11枚で絞り羽は8枚が採用されています。レンズの構成から分かる豪華な仕様になっています。フィルター径は72mmが採用されています。

 

発売開始は1998年という古いレンズだったのですが、3年前まではまだ現行品でした。このレンズがリニューアルされる前だったので、価格はすごく高かったです。10万円は軽く超えていました。今思うと暴挙なのですが、ローンを組んで購入しました。
最近は、中古の相場が少し落ちてきてLレンズの単焦点としてはかなり安くなった方だと思います。ただ、後継モデルの出来が良すぎて見劣りはしてしまいます。


EF 50mm F1.2L USMと迷ったのですが、35mmの方が感覚的に合っていたのでこちらを選択。最初は、APS-Cのカメラしか持っていなかったので、換算50mmで使いつつリバーサルでも写真撮るかという使い方を想定してました。

下には、Canonのホームページで公開されているEF 35mm F1.4L USMのレンズの紹介ページと外観を撮影した画像になります。

 

cweb.canon.jp

f:id:yuseiphotos:20191031120843j:plain

 

 

CanonのLレンズといえば、この赤帯のレンズ。一眼レフを買った当初は憧れのレンズでした。見た目もかっこいいし性能も良いという印象で、中学生の頃からいつか欲しいと思っていました。20歳になったタイミングで購入して、2018年3月まで3年間所持していました。このレンズで撮影した写真は数知れず・・・自分の青春を彩る機材であったことは間違い無いです。

 

続きを読む

2019/11/03 雑記

こんにちは、潔く銀です。

 

前回の記事でも書いたように、最近は隙間時間を見つけては効率よく被写体を撮影しています。ただ、効率的な写真は作品になることはなく、あくまでも記録がメインとなります。そして、今週は、教授に研究成果を発表しないといけなかったため、すごく忙しくカメラに手が付けれなかったので、新しい写真を撮影していません。

 

つまり、ブログの書くネタがない・・・

 

というわけで、今回の記事も雑記になります。また、今考えていることなどをツラツラと書いておきます。

 

最近は、研究室に通う日々が続いているので休憩時間にDead by Daylightをしていることが多かったですね。いい試合ができたら動画化してYoutubeに載せています。ゲーム実況を見ていて、面白そうだからやってみたいと思い始めたのですが、クセになる面白さがあり集中してしまうと終電を逃しそうになります(笑)

今は、個人的なアーカイブ感覚で動画を残しているのですが、もう少し動画の編集技術を高めて面白い動画を作りたいなと思っています。まぁ、自己満足の世界になるんですけどね。

 

youtu.be

 

というわけで、こんな感じで暇な時間や帰りの電車の中で動画を編集して完成したら、youtubeで公開しています。最初の方は字幕を入れていたのですが、試合に集中すると字幕は見なくなると言われたので、少し違うテイストの編集をしようかなと考え中・・・ 

 

 

 

卒業のかかった論文発表まで、残り3ヶ月ほどになったのでしばらくは写真を撮りにいく機会はグッと減ります。なので、新しい企画としてレンズレビュー記事を書いていこうかなと考えています。
少し変わったレンズやジャンクレンズの使い道など、結構書ける内容があると思っています。固定ページを作成してデータベース的な感じにすれば、それなりに需要があるんじゃないかと。やっぱり、有益なことを書いていないとファンはつかないですからね(笑)

機材の紹介をしていると何気に海外からアクセスされていたりするので、Englishページも作れば完璧?w

 

というわけで、撮影に行けない期間は学生時代に記録してきた写真を使って、機材を使用した感覚をどんどんまとめていこうと思います。フォト○ドバシを目指して頑張ります(笑)

 

というわけで、11月も当ブログをよろしくお願いします!

 

 

 

P.S

時系列的におかしくなったため、書くタイミングを失った最近撮影した写真をサブブログの方で載せました。良かったらこちらも見てください(笑)

 

blog.goo.ne.jp

2019/10/29 雑記

こんにちは、潔く銀です。今回は、ネタがないのであるがままに思いついたことを書いておこうと思います。

 

最近、がっつり撮影には出掛けてはいませんが、チビチビと撮影を続けては更新するという日々が続いています。本当は、思いっきり遠くに離れてがっつり撮影をしたいところなのですが、今年は卒業するために論文を書かないといけないので、残りの大学院生活は研究に勤しむ生活になります。おそらく2度と出来ない経験になるので、”楽しい”ラボライフになるでしょう(笑)

もうすぐ11月になり長すぎる学生生活も残り3ヶ月ほどで終わりになります。社会人になった知り合いの多くは、学生に戻りたいとよく言っているのですが、私は早く社会人になりたいと強く思います。お金がないので行動が制限されてしまっているところに、少しストレスを感じることが多いです。

ただ、今みたいに気楽に隙間時間で撮影に行くということは社会人になるとできないです。しかし、平日は大学へ行き土日はバイトをしているという現状を考えると、社会人の方が行動が広くなるような気がしてなりません。

 

早く楽して卒業したい・・・

と、常に思っているのですが卒業するためには研究を進めなければなりません。そして、その研究の内容は就職先で生きるか正直なところわかりません。やらないといけないと分かっているが、やっても無駄になるというジレンマ。どうしたらいいものか・・・

まぁ、残り3ヶ月くらいとことん勉強しろやって思うところもあるんですけどね(笑)

 

f:id:yuseiphotos:20191030033416j:plain

SONY α7III + EF 24-105mm F4L IS USM

 

そして、研究でストレスが溜まれば溜まるほど、写真撮影に行きたくなり夜な夜な出かけたりしています。本当は、天体撮影をしに行きたいのですが天候に恵まれず、ずっといけていません。今年は天の川を撮影することなく終わりそうです。

写真は少し前に載せた「影の京都の街」と同じ場所になります。ブログを書いた後に様子を見に行くと、解体作業が始まったようで重機が入っていました。ついに、解体作業が始まったかと・・・そういえば、夏頃にこの街の特集記事を見かけました。某大学の建設予定日が決まったようで、完全に消える日は見えていました。

思っているより早い段階で手が入っているので、記録したい方は早めに訪れておいた方がいいと思います。来年には、おそらく見ることができなくなる可能性が高いです。

ちなみに、EF 24-105mm F4L IS USMを使用する時は、真面目に写真を撮影しているものが多いので、そこで管理人の力の入れようが分かると思います(笑)

 

www.yuseiphotos.work

 

この記事から、少し新しいテイストを取り入れてみたのですがどうでしょうか。写真集的な感じになるようにイメージして記事を書いてみました。普段の記事と違って緊張感が伝わればいいなと思ったのですが、どうだったのでしょうか。アクセス解析を見ている感じは、そこそここの記事は良かったように見えますが・・・生の声が聞きたい・・・
いつか、こういう記事を待っていましたと言われると日が来たら嬉しいですね。まぁ、何年先になるかわかりませんけど。

 

 

 

ブログは量を書くべきだと言われていますが、僕は量より質で勝負していきたいと思っています。最近は、写真の質が低いですがブログネタを用意していますので、11月は出来るだけ面白い記事を書こうと思います。読者が増えると嬉しいなぁ・・・

 

ってなわけで、10月最後の記事になります。それでは!