変なカメラ好きの写真徒然日記

ただのカメラ好きが適当に写真を載せ続けるブログです。

2022/05/07 熊本から青森までドライブ 復路5日目 四国カルストに立ち寄る

こんにちは、潔く銀です。今年のGWは10連休ということで、青森 大間崎岬を目指してドライブすることにしました。復路5日目、この日の目的地である四国カルストに辿り着きました。ここで夕暮れまで思い出にふけりながら写真を撮ります。

 

四国カルストは、愛媛県高知県の県境の尾根沿いにあります。標高約1500mの高地であり、石灰岩が露出しているカルスト特有の景色を見ることができます。

四国カルストに初めて訪れたのは2015年・・・約7年前の大学生の時に訪れました。先輩と何人かでレンタカー借りて車中泊すれば宿代が浮いて効率がいいという案がでて、初めて限界旅行をしたのがきっかけで車中泊ドライブ旅行をするようになりました。このブログを見ていただいてる人であれば気づくとは思いますが、運転量がとんでもないなぁと感じると思います。四国カルストは、そういう自分に気づかせてもらったきっかけの場所です。なので、27歳の誕生日はこの四国カルストで過ごそうと思っていました。

 

Canon EOS 7D + EF 24-105mm F4L IS USM

 

カルスト地形といえば、この露出した石灰岩です。ところどころに、こういう場所があります。阿蘇と同様に、木がほとんど生えていないのも特徴的です。

 

Canon EOS 7D + EF 24-105mm F4L IS USM

 

この日の四国カルストは非常に天気が良くて、露出した石灰岩がとてもきれいでした。ちょうど生えていた木が良いアクセントになります。

 

まだ、夕暮れ時まで時間があるので、ゆったりコーヒーを飲みながら待ちます。

 

 

 

SONY α7III + EF 24-70mm F2.8 USM

 

天狗高原から見る四国山地の重なる稜線・・・この雄大な景色を初めて見たとき、自分の知らない世界はたくさんあり、色々なものを見たいと漠然と思った。何度見ても、この景色は美しいと思う。

 

景色を見ながら、待っているといつの間にか夕暮れの時間が訪れていました。

 

SONY α7III + EF 24-70mm F2.8 USM

 

撮影するならカルスト地形らしいところを撮影しようということで、石灰岩が露出しているところを構図に入れて撮っていきます。まだまだ、太陽の光が強い時間帯だったので、24-70mmではゴーストが発生していました。SONY α7IIIのダイナミックレンジが広いおかげで、夕日もカルストもしっかり写すことができてます。

 

Canon EOS 7D + EF 24-105mm F4L IS USM

 

ちなみに、EOS7Dでも撮影してみたのですが、10年以上前のセンサーになるとこの明暗差はかなりきつかったです。世代の違うカメラを触っていると、イメージセンサーの進化を感じます。

 

 

 

Canon EOS 7D + EF 24-105mm F4L IS USM

SONY α7III + EF 24-105mm F4L IS USM

 

EOS7Dでも綺麗に撮影することができる日差しの強さは、沈みかけの5分ほどが勝負になります。この夕景に感動したのを今でも鮮明に覚えています。この日も、四国カルストの美しい景色に感動しました。

 

SONY α7III + EF 24-70mm F2.8 USM

 

沈み際まで見届けました。撮影条件もそこそこよくて、良いものが撮れたかなと思います。久しぶりに、良いものが撮れたなと思います。

 

Canon EOS 7D + EF 24-105mm F4L IS USM

 

夕日が沈んでから、愛車との記念写真を撮影していないことに気づいて慌てて撮影しました。熊本から青森まで行き、そのまま青森から関西まで戻ってきて、四国カルストへ・・・旅の思い出はここまで色々ありすぎて語り足りないですが、これまでの長旅を一緒に走ってくれて、ただただありがとうと思います。

 

 

 

SONY α7III + EF 24-70mm F2.8 USM

 

夕日が沈んでからマジックアワーの時間帯が来ます。場所を少し変えて、カルスト地形をなめまわすように撮っていきます。

 

SONY α7III + EF 24-70mm F2.8 USM

SONY α7III + EF 24-70mm F2.8 USM

 

暗くなるころには、既に車がいなくなっていました。残っているのは自分だけ・・・風の音しか聞こえない静かな時間が流れており、物思いにふけるのにはちょうどよくてシャッターは数枚しか切っていませんでした(笑)

 

SONY α7III + EF 24-70mm F2.8 USM

 

カルストが見えなくなるまで、景色を見ていました。淡い空が非常にきれいで、良いものが見れました。誕生日にここで過ごすことができてよかったです。

 

この日は、2日連続車中泊の予定だったので、早めに山を下りることにしました。高知県津野町側から四国カルストへ行く際は、かなり道が整備されているので走りやすかったのですが、愛媛県へ降りるルートは最悪でした。すぐに降りれるだろうと思っていたのですが、1時間半以上かかるという・・・とてもつらかったです。

 

iPhone 11 Pro

 

まさかの閉店間近にはま寿司に立ち寄るという・・・空いてるのがここしかなかったのであまり期待せず入ったのですが、ここのはま寿司はご当地ネタがたくさんあったので、非常に楽しむことができました。コスパもかなりよかったので、また四国に来る際はここに来たいと思いました(笑)

 

 

というわけで、これにてながーい復路5日目の記事を終わります。そして、ついに最終日になります。それでは!

 

 

P.S

過去の四国カルストの記事になります。興味あればぜひ(笑)

blog.goo.ne.jp

 

blog.goo.ne.jp

 

自分が最初に企画した四国カルスト会は、現在の写真部まで引き継がれているようで・・・SNSなどで後輩たちが話題に出しているところを見ると嬉しく思います。一部、後輩はこの限界旅行が楽しいと思ったきっかけになったというのもあるので、いつまでも伝統として引き継がれると嬉しいですね。。。ひそかな老害の願いです(笑)